南大阪・和歌山の介護タクシー事業許可申請を安心サポート

介護(福祉)タクシーとは?

介護(福祉)タクシー」は、高齢者障害者の外出を支援する
タクシー及びそのサービスのことをいいます。


一般には、福祉車両(車いすや寝台を備えた車両)を使って、
要介護者などを輸送するサービスが該当します。
但し、運転手がホームヘルパーや社会福祉士の資格を持っている場合には、
一般的な乗用車を使用することができる決まりになっています。

一般的に「介護(福祉)タクシー」と呼ばれておりますが、
道路上での運送について規律している「道路運送法」の第4条で規定されている
一般乗用旅客自動車運送事業(福祉限定)」に該当します。
4条許可」ともいわれています。


介護タクシー福祉タクシーと呼び方がありますが、
どちらも同じものを指しています。
介護タクシーと呼ぶと「介護保険」が使えるような誤解を与えるかもしれませんが、
当サイトでは、「介護タクシー」という名称を主に使用させて頂いております。


介護タクシーへの乗降介助等で「介護保険」を適用させるには、
都道府県知事から「訪問介護事業者」の指定を受けている必要があります。



介護タクシーの旅客・車両・運転手・営業区域について


介護タクシーの許可申請を行うためには、道路運送法における
一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送限定)の許可を受ける必要がありますが、
旅客・車両・運転手・営業区域については、次のように決められています。


1.対象となる旅客の範囲
  ① 身体障害者福祉法に規定されている「身体障害者
  ② 介護保険法に規定されている「要介護者」及び要支援者
  ③ ①、②以外の方で、肢体不自由、内部障害、知的障害及び精神障害その他の障害を
    有する等により単独での移動が困難で、タクシーなどの公共交通機関を利用するこ
    とが困難な方
  ④ 上記の方の付添人


2.事業用自動車
  ・車両が1台以上あること(申請される方が使用権原を有しているもの、リースも可)
  ・車いすもしくはストレッチャーのためのリフト、スローブ、寝台等の特殊な設備を設
   けた自動車、又は回転シート、リフトアップシート等の乗降を容易にするための装置
   を設けた自動車
  ・3.②に記載されている方が運転する場合は、セダンタイプ等の一般車両の使用も可


3.運転手
  ①普通自動車第2種免許を取得していること
  ②福祉自動車以外のセダン型等の一般車両に乗務する場合には、次のいずれかの要件を
   満たしていなければなりません。
   ・ケア輸送サービス従事者研修を終了していること
    >> ケア輸送サービス従事者研修についてはこちらのページをご覧ください
   ・介護福祉士の資格を有していること
   ・訪問介護員の資格を有していること
   ・居宅介護従事者の資格を有していること


4.営業区域
  原則として、都道府県単位となります。


5.運送の引受けについて
  運送の引受けは、営業所においてのみ行えます。



その他の介護タクシーについて


>> 介護タクシーの種類について

>> 特定旅客自動車運送について

>> 自家用自動車有償運送について

>> 福祉有償運送について


介護タクシー開業までの流れ介護タクシー開業の要件

介護タクシー事業許可に必要な書類一覧介護タクシー開業サポート

南大阪 介護タクシー事業サポートデスク介護タクシー開業サポート南大阪 介護タクシー事業サポートデスクの際ービス内容及び報酬額

南大阪 介護タクシー事業サポートデスク


業務対応エリア


大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市