南大阪・和歌山の介護タクシー事業許可申請を安心サポート

通所介護(デイサービス)開業Q&A


通所介護(デイサービス)事業所の開業にあたって多く寄せられるご質問をまとめました。

q04 通所介護(デイサービス)とはどういったものですか?

a05 通所介護(デイサービス)とは、利用者様が可能な限り自宅で自立した日常生活を送る
  ことができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持、家族
  の介護の負担軽減などを目的として実施されるサービスです。


q04 通所介護事業所を開業するためにはどうすればいいの?

a05 通所介護事業所の開業にあたっては、都道府県知事又は市町村の長からの指定を受け
  る
必要があります。

  指定を受けるためには事業の種類により人的面設備面運営面での基準があり、これ
  らを満たしていないと指定を受けることができません。

  また、指定を受けるためには法人事業者でなくてはなりません。
  >> 介護事業の法人に関する注意点についてはこちらをご覧ください。


q04 通所介護事業所を開業にはどのくらいの資金が必要となるのですか?

a05 介護事業の売上は、利用者負担の1割分はサービス提供月の翌月に徴収できますが、
  保険負担分の9割分はサービス提供つきの翌々月に入金されます。
  よって、開業から2ヶ月売上がほとんどない状態で運営をしなければなりません。

  その間も人件費や家賃を負担しなければならないことを考えると、開業資金に加えて
  低でも2ヶ月分の運転資金が必要となります。
  
  しかし、2ヶ月で利用者を十分獲得することはなかなか難しいことを考えると、6ヶ月分
  程度の運転資金
を用意しておくことが望ましいです。
  >> 通所介護の事業概要と収支分析についてはこちらをご覧ください。


q04 通所介護事業所の開業に必要な人員基準とはどのようなものですか?

a05 通所介護事業書の開業に必要な人員は、管理者生活相談員看護職員介護職員
  機能訓練指導員等となっています。

  利用者が10人以下の事業所10人を超える事業所とで人員の基準は異なりますが、これ
  らの人員の各々必要な人数を配置している必要があります。
  >> 通所介護事業所開業のための人員基準についてはこちらをご覧ください。


q04 通所介護事業所の開業に必要な設備基準とはどのようなものですか?

a05 通所介護事業所の開業に必要な設備は、事務室相談室食堂・機能訓練室静養
  室
脱衣室・浴室キッチントイレ等となっています。

  >> 訪問介護事業に必要な設備及び営業所についてはこちらをご覧ください。


q04 通所介護事業の運営の基準には主にどのようなものがありますか?

a05 訪問介護事業の運営の設備には、主に次のようなものがあります。

  ① サービス提供内容の説明・同意
  ② サービス提供拒否の禁止
  ③ サービス提供の記録
  ④ 通所介護計画の作成
  ⑤ 緊急時の対応
  ⑥ 運営規程の整備
  ⑦ 衛生管理
  ⑧ 秘密保持
  ⑨ 苦情・事故発生時の対応等
  ⑩ 会計の区分


  >> 通所介護事業の運営の基準についてはこちらをご覧ください。




 ◎通所介護事業(デイサービス)開業メニュー
  >> 通所介護事業所開業サポート
  >> 通所介護事業について(事業概要及び収支分析等)
  >> 通所介護事業所開業までの流れ
  >> 通所介護事業所開業のための「法人」とは?
  >> 通所介護事業所開業に「必要な人員」及び「採用のポイント」について
  >> 通所介護事業所開業のための「物件選び」のポイントについて
  >> 通所介護事業所開業に「必要な施設及び設備」について
  >> 通所介護事業所の「運営に関する基準」ついて
  >> 通所介護事業者指定のための必要書類一覧
  >> 通所介護事業所開業Q&A



ご利用のメリット通所介護事業・開業サポート通所介護事業開業サポートメニュー

南大阪 介護タクシー事業サポートデスク


業務対応エリア


大阪府: 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
     町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市