南大阪・和歌山の介護タクシー事業許可申請を安心サポート

通所介護(デイサービス)事業を始めるための要件

通所介護(デイサービス)」とは、
在宅の要介護者、要支援者にサービスを提供する場へ通ってもらい、
入浴・食事の提供とその介護、生活等についての相談・助言、
健康状態の確認等の日常生活の世話と機能訓練を行うものです。


通所介護(デイサービス)の設備基準

通所介護事業者として認められるには、
大阪府条例で定められた基準を満たし、
大阪府知事の指定を受ける必要があります。


その基準の具体的な内容としては、大きく分けると
人員基準設備基準運営基準の3つに分けられます。



人員に関する基準


デイサービス事業所には、
管理者生活相談員看護職員介護職員機能訓練指導員
の配置が義務付けられています。


しかし、その配置基準は
利用定員が10名を超える事業所
利用定員が10名以下の事業所とで異なり、
10名以下の場合には、配置基準が緩和されています。


  >> 通所介護事業を始めるための「人員要件」についてはこちらをご覧ください。


設備に関する基準


デイサービス事業所には、設備として
食堂機能訓練室静養室相談室事務室
トイレ、厨房、浴室、消火設備など
の設置が義務付けられています。


あらゆる設備において高齢者が使用しやすいように、
バリアフリー化など、高齢者の安全・利便に配慮した構造
とすることが求められます。


また、利用者がひとりになる可能性が高いスペースには、
ナースコールなど緊急呼び出しの設置が必要です。


  >> 通所介護事業を始めるための「設備要件」についてはこちらをご覧ください。


運営に関する基準


デイサービスの運営基準について
主に次のようなものがあります。


 ① サービス提供内容の説明・同意
 ② サービス提供拒否の禁止
 ③ 通所介護計画の作成
 ④ 衛生管理
 ⑤ サービス提供の記録
 ⑥ 緊急時の対応
 ⑦ 運営規程の整備
 ⑧ 秘密保持
 ⑨ 苦情、事故発生時の対応等
 ⑩ 会計の区分


大阪府条例及び条例施行規則について

  

地域の自主性や自立性を高めるため、
介護事業を運営するための人員や設備等の基準について
都道府県等が独自に条例で定めることができるようになりました。


大阪府では、平成25年4月1日から条例を制定し施行されています。
通所介護事業の人員基準について、詳しくはこれらの内容をご覧ください。


>>指定居宅サービス等の事業の人員・設備・運営等に関する基準、指定介護予防サービス等の事業の人員・設備・運営等に関する基準を定める条例の施行について




通所介護事業(デイサービス)開業までの流れ 通所介護事業の要件

通所介護事業開業にあたっての事前協議とは 通所介護事業指定の必要書類

通所介護事業Q&A 通所介護事業(デイサービス)開業サポート

ご利用のメリット通所介護事業・開業サポート通所介護事業開業サポートメニュー

南大阪 介護タクシー事業サポートデスク


業務対応エリア


大阪府: 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
     町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市